車のバッテリー調べま専科

"車のバッテリー内は6つの槽で構成されているので、開けて6つ全ての液量を必ずチェックするようにしてください。
側面が見にくくなっている場合にはバッテリー上部にあるキャップを開けてみましょう。

 

またバッテリー液の補充というのは、上限の目盛りよりも少し下まで入れるのが目安となっています。
あまり入れ過ぎてしまうと走行中に溢れ出すことがあるので注意をしてください。
バッテリー液の補充だけでも十分なのですが、半年に1回は端子の汚れや錆を落とすメンテナンスをするようにしましょう。

 

このようにバッテリーの整備や点検などで最も重要なことの一つに、バッテリー液の量の確認というものがあります。
バッテリー液が適量であってもそれが減少していれば必ず補充するようにしてください。

 

このメンテナンスで定期的な補充をすることでバッテリーを更に長持ちさせることが出来るようになります。
バッテリー液の確認をするにためにはバッテリーの横にある上限と下限の目盛りの間に入っていれば問題ありません。"





ソファベッドについてのサイト
ソファベッド
URL:http://innersofa.com/list/10022.html


車におけるバッテリーのあがりブログ:20171122

減量のために
体操する場合に注意したいのは、
「オーバートレーニング」と呼ばれる症状です。

オーバートレーニングというのは
体操のやり過ぎによる疲労のことで、
この症状は比較的、誰にでも出やすいんですよね。

オーバートレーニングになると…
体質がだるい、体質が重い、寝つきが悪い、
眠気がとれない、イライラする…など、
日常生活に影響してしまいます。

減量に関しては
オーバートレーニングになってしまうと、
疲労から免疫機能の低下、消化不良などから
体脂肪が落ちにくい状態になってしまいます。

早く痩せたいからと、
休養を考えずに体操を続けると、
逆効果になってしまうのです。

減量を効率よく行うためにも
体操と休養のバランスを考えて行うようにすることが、
とても重要なポイントとなるわけです。

オーバートレーニングになってしまった場合は、
体質を休ませる必要があります。

基本的に
7日間程度運動を行わなければ体質は完全に回復するので、
オーバートレーニングになってしまったら
7日間は体操を行わないようにしましょう!

体操と休養のバランスを考慮するなら、
毎日体操を行うのは効率的ではありません。

7日間に3〜4回、
24時間おきのペースで行うのが
効率がよい体操のペースとなります。

24時間おきのペースであっても、
疲労感がある場合は、無理をせず休養することが大切です。
疲労を溜めないのは、減量中の基本です!

また、
体操に慣れていない人が体操を始めた場合、
翌日筋肉痛になる場合が多いですよね。

筋肉痛は筋肉が使われて疲労しているという体質のメッセージ。
なので、筋肉痛が抜けてから体操を行うようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ